薬剤師tomorinnwのグルメ&くすり

薬局薬剤師歴15年☆グルメ記事★旅行記★

緑内障ver2020

眼圧=眼圧の形状を維持するための内圧。眼房水(房水)により保たれている。
視神経=目から入ってきた情報を脳へ伝達する。
隅角=房水の排出口。
★眼圧の正常値:10~20

緑内障(失明原因1位)
★眼圧によって目の奥の視神経がおしつぶされて、視野が狭くなる病気で失明の原因となる。
症状は回復することはなく、進行を遅らせることしかできない。


閉塞隅角緑内障
眼の中の水(房水)の出口である隅角が閉じて眼圧が高くなる。
治療)
"急性→薬物療法(副交感神経刺激薬:サンピロで隅角を開く)→手術
慢性→手術"
"レーザー手術が多い。
その間に薬が出れば使えないものもある。(抗コリン作用による散瞳で眼圧が上がるため)
術後なら隅角が開くため急性発作はないため抗コリン薬も飲める。"
急性緑内障発作)
症状は、眼痛、頭痛、充血など
誘因は、抗コリン薬など

開放隅角緑内障
全体の80%。そのうち90%が正常眼圧。

続発緑内障
原因は、ステロイド外用、内服など

治療薬
プロスタグランジン製剤(プロスト系)
副作用)
"①色素沈着で目の周りが黒くなる。
(理由:PG薬はメラニンを増加させるため色素沈着を起こす。)
(対策:朝洗顔前、入浴前、ふきとりなど)
②まつげが濃くなることがある"

β遮断薬
"SE)
心不全や喘息発作。
(対策:目頭を1~5分圧迫する)"